2014年7月 3日 (木)

英語の発音とリスニング

前に書いた英語の発音の記事から二年ぐらい経ちましたが、

あれからもちょこちょこ英語の発音について勉強をしています。

図書館で本を借りたり、インターネットで勉強(主にYoutube)したり、

地域の英語サークルに入ったりしました。

これまでに分かったのは、

英語の発音で一番日本語と違うのは、sやth、k、pといった発音だと言うことです。

これらの発音は本当に日本人には難しく、

また聞き取りにおいても、最初はノイズの様にしか聞こえないので、

英語の聞き取りの邪魔にもなっていたことが最近ようやく分かりました。

逆にそれを意識しだしてから、英語を聞くのがとても楽になりました。

なので、英語番組を見ても、英語の単語は何を言っているか良く分かるのですが、

ただ、まだ語彙力がないせいか例えば専門的な内容だったり、国際的な紛争に

関するニュースのようなものは詳細が分かりません。

例えば、セサミストリートやコメディー、TVshowのEllenの内容はほぼ何を

言っているか分かるけど、AFNのニュースやネイティブ同士の社会問題に対する

議論については恐らく3割ぐらいしか分かりません。

以前2年ほど前にTOEICを受けたときは、740点ぐらいでしたが、

今受けたらどのくらいかな?まだまだ英語の道は険しいですね。

2012年3月24日 (土)

英語の発音

最近、英語の発音を勉強しています。

きっかけは、国際会議に出席するためにスピーキング力を

アップさせようとおもったことですが、自分の英語を

録音してみてひどかったので、これは何とかしないと

いけないと思い、図書館で本を借りて、発音矯正に

取り組みました。

まず驚いたのは英語の発音では、アだけでも

3種類以上あることです。

今まで意識してそのような発音をしていなかったので、

これをすべての単語に対して意識しながら直していくのは

相当時間がかかると思いました。

また、子音についても全然発音出来ていないことが分かり、

フォニックスでもやらないと直らないなと思いました。

うーん、どうしよう?

2009年5月20日 (水)

相対性理論の勉強

急に相対性理論を勉強してみたくなったので、

いろいろ本を読んでいました。

読んだ順に紹介してみます。

1.100歳になった相対性理論 :福江 純

  入門書としては、最適ではないでしょうか?

  大気圏の上空で発生するミューオンが

  光速近くで運動する為、相対論効果で地上まで

  降りてくる話から最新の宇宙論まで分かりやすく

  書かれていると思います。

2.ゼロから学ぶ相対性理論 :竹内 薫

  同じ事件が起こっても、止まっている人と

  動いている人では、違った時刻で起きたと

  思うことをやさしく計算出来ます。

  自分で計算することで、特殊相対性理論の不思議さが

  とても理解しやすいです。

3.相対性理論とは :江沢 洋

  相対性理論が生まれた背景が良く分かります。

  19世紀の科学者たちがどんなことに悩んで

  どんな風に答えを出そうとしたかを簡単に

  書いてあります。

4.相対性理論の考え方 :砂川 重信

  特殊相対性理論が中心ですが、

  後半、一般相対性理論についても

  書いてあります。一般相対性理論を学びたい人には

  準備段階として、読むと良いと思います。

5.相対性理論 :中野 薫夫

  こちらも4と同じで特殊相対性理論を

  中心に書いてあります。後半、一般相対性理論の

  ことが書いてありますが、4とは多少違った方法で

  書いてあり、対比しながら読むと面白いかもしれません。

6.一般相対性理論 :P.A.M.ディラック

 上の4、5を読んでからだと、読みやすいと思います。

 測地線の方程式と重力場の方程式を短時間で理解することが

 出来ます。

その他、EMANの物理学というサイトをやっておられる方がおり、

その方のサイトを見ると、計算過程がとても丁寧に書かれているので、

とても分かりやすいです。

上記のように、いろいろ読みましたが、実はまだ全部は理解出来ていません。

重力場の方程式の導出がやはり難しいです。

話は変わりますが、いずれはサーストンの幾何化予想と

ロシア人数学者のペレルマンが書いたポアンカレ予想の

証明方法を理解したいな。

OS自作のための勉強について

長い間ブログを書いていませんでしたが、その間、

いろいろ脱線していました。

というのも、OS自作入門を読んでいてハードウェアの内容を知りたくなり、

以下の本を読みました。

CPUの創り方とゼロから学ぶ電子回路です。

CPUの創り方はとても面白かったです。

この本を読めば、CPUがどのようにプログラムを

実行していくかが、良く分かります。

CPUやマイコンを理解する基本となるプログラムカウンタやレジスタ、

ROM、加算器、命令デコーダの役割や、それらを簡単な電子部品で

どういうふうに作れば良いか丁寧に書いてあります。

また簡単なアセンブリ言語やハンドアセンブルを学ぶことも出来ます。

その他には発振回路やリセット回路の作り方も書いてあります。

また、ゼロから学ぶ電子回路では、

トランジスタ、アンプに関する知識やMOSFETに関する知識が

分かり、NOTやNAND等の論理回路をMOSFETで構成する

方法が簡単に書いてありました。

これらの本を読んでから、OS自作入門を

読み直していますが、今まで自分がまだ

分かっていなかった部分があったことが

良く分かりました。

ちなみに、CPUの創り方では、実際に自分でCPU(TD4という名前)を

作る事が出来るのですが、自分はまだ作っていません。

実際に作ると、更にいろいろなこと(自作の大変さ)が分かるようですが、

とりあえずOS自作の方に戻ろうかな。

2008年8月31日 (日)

OS自作入門の復習

3日目の第一章のプログラムharib00aを基に
自分なりに改造しています。ただし、基本的には
本書の内容にそって、各種のファイル等を自分で
打ち込んでいるだけですが・・・
今日は、その内容をまとめたので書いてみたいと思います。

改造内容

その1
ipl.nasを改造し、フロッピーディスク(FP)のデータの読み込みが
終わったら、終わったことが分かるように、DOS画面にメッセージを
出すようにしました。
INT0x10という一文字表示関数を使っています。

その2
FPの18セクタ読み込み出来るように改造。

ただし、第二章のエラー5回までという内容は
入っていない。したがってキャリーフラグがエラーの
時だけ、エラー表示が出る。つまりフロッピーディスクが
粗悪品で読み込みがうまくいかない場合、止まってしまう。

その3
haribote.nasという新しいファイルを追加。
これがOSの本体になる。今のところhlt命令のみ書いてある。

Makefileの内容も上に合わせて変更。
haribote.imgをiplmas.nasとharibote.nasを合わせて作るようにする。

その4
画面モードをVGAグラフィックス、320×200、8bitカラーモードに
変更した為、OS本体であるharibote.nasの方に、このカラー画面で
文字を表示させるプログラムを追加した。(DOS画面上ではなくて・・・)
文字表示は、INT0x10関数を使用しており、ここまでは16ビットモードである。

その5
P61の32ビットモードになると、BIOSが使えない為、
プログラムは大幅変更になる。なので、改造はここで終了する。

つもりだったが、今後の勉強のため自力で32ビットモードに移行する。

まず、カラー画面での文字表示は、32ビットモードだと使えない為、
やめた。
というのは、INT0x10はBIOSの関数であり、16ビットモード用の機械語で
ある為です。
haribote.nasをasmheadmas.nasとbootpack.cに分け、
bootpack.cは新規で作成した。bootpack.cには、まだ、hlt命令しかなく、
しかもそのhlt命令はC言語では書けない為、
アセンブリ言語で別ファイルに書いています。

Makefileをharib00i(P63)を参考に変更した。具体的にはharibote.nasが
二つのファイルに分かれる為、各種の生成規則を追加した。
ここで注意すべきは、iplとasmheadはそれぞれiplmasとasmheadmasという
名前に変えてある。

また、harib00jを参考に、naskfunc.nasを新規に作成した。
nasukfun.nasは、C言語では書けない命令をアセンブリ言語で
書く為です。hlt命令を書いてあります。

その6
真っ黒な画面を白あるいはしましま模様に変える為、
bootpack.cにVRAM a0000に数字を書き込む
関数write-mem8を追加した。
当然naskfunk.nasにMOV命令を使った
write-mem8の中身を書いた。

その7
上の内容は、ポインタを使えばVRAMに数値を書き込むことが
出来るので、ポインタを使って、bootpack.cを変更した。(P77)

とりあえず今回はここまでです。

2008年8月10日 (日)

ひさしぶりのOS自作入門

最近は、いろいろ忙しくてOS自作入門を

進めることが出来ませんでした。

しかし、いまは夏休みなので、また再開です。

すっかり内容を忘れているので、一から

やり直していますが、いま3日目です。

8bitカラーモード画面で、文字表示をさせる

改造をしました。

Chapter3 おもしろいなー。

2008年7月13日 (日)

ロボット

雑誌でロボザックというロボットを作っています。

大体二週間に一冊なのですが、もうすでに76冊ぐらい

出ています。49号で基本の形は出来たのですが、

さらにオプションを付けるために、続けて購読して

います。

Img_0323_2

いずれは、掃除とラジコンの操縦を出来る

ようにしたいのですが、今はまだ時間がないので

いつになるのかな?

イーサネットについて

自分のインターネットはADSLなのですが、

そのネットワークについて興味があり今回調べたので、

まとめたいと思います。(間違っている所もあるかもです。)

--------------------------------------------

ADSL(Asymmetric Digital Subscriber Line)について

①ADSLは既存の電話線を使用する通信技術。

②電話の音声を伝える周波数帯と違う周波数帯を使って

 データのやりとりを行う。

--------------------------------------------

イーサネットについて

電話線の先にはプロバイダーのサーバーがあるのですが、

自分のパソコンから電話線まで何らかの方法で接続する

必要があります。そこで登場するのが、今回自分が興味を

持ったイーサネットです。

イーサネットとは?

①ネットワークの規格。主に家庭や企業内などのLANに使われる。

②同軸ケーブルやより対線を用いて、パソコンとルーターをつなぐ

 ことで実現する。

③通信方法は、TCP/IPプロトコルに従う。

④TCPプロトコル :データをパケットと呼ばれる小分けに

            した物にTCPヘッダをつけて送る。

            相手にこれからデータを送ることや、

            データを送ったことを知らせる為、

            通信エラーを防止することができるが、

            大量のデータを素早く送ることには

            向かない。

⑤IPプロトコル :IPアドレスと呼ばれる個々のパソコンを

          認識する数字をIPヘッダに含み、相手先を

          間違えずに送ることを目的とする。

⑥MACアドレス :イーサネット上の各端末を区別するために、

           製造段階で割り振られる世界中でただ1つの

           固有の48ビットのアドレス。イーサネットの

           LANアダプターのROM(メモリ)に書き込まれており、

           各メーカーの製品ごとに違う、製品固有の番号。

⑦LANアダプター :パソコンに内蔵されており、RJ-45と呼ばれる8極の

            コネクタで、ルーターと接続される。

イーサネットは、物理的な規格で、TCP/IPプロトコルという通信方法と

組み合わせることでネットワークを実現します。

CAD練習6

久々にCADの練習をしました。

実は今までアッセンブリのやり方が分からなかったのですが、

今回いろいろ調べるうちに分かるようになりました。

簡単に言うと、アッセンブリのやり方は大体こんな感じです。

①二つの部品を選択する。

②それぞれの部品の相対関係を付けたい部分を

 選択する。

③距離か角度を決める。

Ws000024

分かると結構簡単ですね。

でも分かるまでは、難しかったです。

2008年4月29日 (火)

黒酢

今日は、美味しい黒酢の飲み方について、

書いてみたいと思います。

材料

1.黒酢 :小さじ三杯

2.りんごジュース :100cc

3.レモン汁 :3滴

上の材料を、PETボトル等に順番に入れていき、

軽く振ると、おいしいりんご&黒酢ジュースの出来上がりです。^^

«ミニソーラーラジコンその1