« 2008年3月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年4月29日 (火)

黒酢

今日は、美味しい黒酢の飲み方について、

書いてみたいと思います。

材料

1.黒酢 :小さじ三杯

2.りんごジュース :100cc

3.レモン汁 :3滴

上の材料を、PETボトル等に順番に入れていき、

軽く振ると、おいしいりんご&黒酢ジュースの出来上がりです。^^

2008年4月28日 (月)

ミニソーラーラジコンその1

充電池が終わってしまったミニラジコンを

再生させる為、ソーラーカーに

出来ないか試すことにしました。

Img_0078

そこで、まずは電池を取り出しました。

Img_0079 1.2Vと書いてあります。

その高さは、15mmくらいです。

次に100円ショップで電卓を買って来ました。

Img_0077_2テスターで電圧を調べると

日光の下で2.8Vくらいありました。

そこで、その太陽電池を

ミニラジコンのモーターに

つないでみました。

しかし、うんともすんともいいません。

そこで、なぜかいろいろ調べてみました。

その中から推測した理由は、

太陽電池では電流値が不足しているのでは

ないかと思います。

恐らく最初に載っていた乾電池の電流は1.2Vで100mA程度

ではないでしょうか?

というのも、このミニラジコンは、大体300回くらい充電できます。

一回の充電で遊べるのは2分位でしょうか?

つまり生涯で600分(10時間)くらいは遊べるのです。

この電池の容量が1000mAhだったとしたら、10で割って

100mAくらいと推測しました。(合ってるかどうかは別です)

しかし、電卓の太陽電池の通電電流は、おそらく

数μAというレベルではないでしょうか?

モーターはコイルで出来ているので、電流が流れなければ、

磁力が発生せず、動かないのでしょう。

あとは、電卓をいっぱい買ってきて、並列につなげれば

ミニラジコンを動かすことが出来るかもしれないと

考えましたが、かなりの枚数の太陽電池が必要に

なりそうなので、この考えは却下しました。

さて、この後どうしようか今考え中です。

2008年4月 5日 (土)

OS自作入門の3日目再読み返し

今日は、3日目の読み直しをしたときに
ひっかかった所について、書きます。

以前に読んでいた時は、問題なく理解出来ていたと
思うのですが、久しぶりに読んだせいか、
INT 0x13の所でひっかかりました。
なので、ここに覚え書きしたいと思います。

①INT 0x13は1セクタ毎に読み込む。
②ES(エクストラセグメント)を0x20だけ増やしているのは、
 1セクタが512バイトであり、ESは16倍されて
 読み書きする位置を指定する為、512/16=0x20である為。

これで忘れないぞー。

2008年4月 1日 (火)

やさしいポアンカレ予想

OS自作入門を読み始めた理由の1つに、

物理、数学に特化したOSを作れたらなーというのが

ありますが、ここ最近ポアンカレ予想に興味があり、

初心者向けの本を読みました。

ポアンカレ予想とは、

「三次元の閉多様体で、パイワンが消えているものは、

三次元のスフェアに同相か?」

ということらしいです。

三次元は難しいので、二次元で考えて見ましょう。ただし、

専門家ではないので、間違えていたらごめんなさい。

「二次元の閉多様体で、パイワンが消えているものは、

二次元のスフェアに同相か?」

二次元の多様体とは、Photo

○とか△とかいろいろです。

閉多様体とは、境界がない多様体の事です。

境界がないとは想像しにくいですが、

例えば海だって、地球の外から見たら大きな湖みたいな

ものですが、人間から見たら境界がないように、

とても広いですよね。

だから、海だって人間から見たら二次元の閉多様体といえるかも

しれません。(注:あやしい解釈)

次に、パイワンが消えているということですが、

これは、穴があいていないみたいなことです。(注2:これもあやしい)

Paiwan

多様体で穴があいているかいないかは、

本質的に違うとポアンカレは考えたようです。

ここで、パイワンが消えているかいないかを簡単にテストする

方法があります。それは、多様体の中に縄を投げて、

それを引っ張ったときに手元までひっかからずに戻ってくるか

ということです。Paiwan_2

左の例だと、ひもが穴にひっかかって

手元まで戻りません。

つまり、パイワンは消えていないのです。

最後に二次元のスフェアですが、これは、ボールの

表面と同じです。ボールは三次元ですが、表面だけを

考えると二次元です。

Photo_2 ボールの表面にどうやってなわをかけても、

いくらでも手元に戻ってきます。

だから、二次元の閉多様体で、パイワンが

消えていれば、二次元のスフェアに同相なのです。

そうだ。同相の意味を説明しわすれました。

簡単な例を載せておきます。

Photo_3 ドーナツは、取っ手のついたティーカップと

同相です。(この例は、三次元多様体です。)

あとは、上の考え方を三次元に上げれば、

ポアンカレ予想になります。

って、それが難しいんですけどね。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年7月 »