« OS自作入門の3日目再読み返し | トップページ | 黒酢 »

2008年4月28日 (月)

ミニソーラーラジコンその1

充電池が終わってしまったミニラジコンを

再生させる為、ソーラーカーに

出来ないか試すことにしました。

Img_0078

そこで、まずは電池を取り出しました。

Img_0079 1.2Vと書いてあります。

その高さは、15mmくらいです。

次に100円ショップで電卓を買って来ました。

Img_0077_2テスターで電圧を調べると

日光の下で2.8Vくらいありました。

そこで、その太陽電池を

ミニラジコンのモーターに

つないでみました。

しかし、うんともすんともいいません。

そこで、なぜかいろいろ調べてみました。

その中から推測した理由は、

太陽電池では電流値が不足しているのでは

ないかと思います。

恐らく最初に載っていた乾電池の電流は1.2Vで100mA程度

ではないでしょうか?

というのも、このミニラジコンは、大体300回くらい充電できます。

一回の充電で遊べるのは2分位でしょうか?

つまり生涯で600分(10時間)くらいは遊べるのです。

この電池の容量が1000mAhだったとしたら、10で割って

100mAくらいと推測しました。(合ってるかどうかは別です)

しかし、電卓の太陽電池の通電電流は、おそらく

数μAというレベルではないでしょうか?

モーターはコイルで出来ているので、電流が流れなければ、

磁力が発生せず、動かないのでしょう。

あとは、電卓をいっぱい買ってきて、並列につなげれば

ミニラジコンを動かすことが出来るかもしれないと

考えましたが、かなりの枚数の太陽電池が必要に

なりそうなので、この考えは却下しました。

さて、この後どうしようか今考え中です。

« OS自作入門の3日目再読み返し | トップページ | 黒酢 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミニソーラーラジコンその1:

« OS自作入門の3日目再読み返し | トップページ | 黒酢 »